シンプルライフへの遠い道

心穏やかな暮らしを目指して奮闘中

諦められたら

昨夜は何度も目が覚めて、よく眠れませんでした。忘れずに薬は飲んだのですが・・・。

微妙に不安で居心地も悪いし。

もう、しょうがないって、諦められたらいいのにな。

しょうがないとは思っているけど、苦しいから、逃れたいと思う。

 

昨日は、デキストリン捨てました。

夫がテレワークになって、ゲップばかりするようになって、私にもすごいストレスだったんだと思う。徐々に便秘が酷くなって、デキストリンや他の食物繊維も沢山飲んでいました。

が、今は全く不要。

賞味期限が切れていたので、捨てました。

キッチンでの生ごみ捨てに使うメッシュ袋も捨てました。未開封は去年寄付したけど、使いかけだったり、パッケージが破れていたもの。新居で使うかと持ってきたけど、ディスポーザーがあるので、一度も使わず。

10年くらい前に買いだめしたやつ。物持ち良すぎな私。

 

野菜不足が気になるので、昨日は残っていた鍋の元を使って、大量のスープ(?)を作りました。一度作って、一週間くらいちまちま食べ続けるスタイル。

段々飽きてくるけど、いいの。時間が経つと、ビタミンとかも減るんだろうな~って思うけど、いいの。無理はよくない。

 

わんこのペット保険、加入できました。昨日保険会社から電話があり、いくつか質問されて、OKに。今度の歯科手術では使えないけど、今後の安心に。

 

新規在宅の患者さん。家族に薬送付&他の2か所にお届け。火曜日にやっとご家族に発送しました。最初なので、契約書や引き落としの申込用紙もあるし、このスタイルでの新規の方とのやり取りは初めてで、戸惑うことも多かったけど、なんとか。あとは、書類をちゃんと返送してもらえるかどうかです。電話でお話する感じだと、大丈夫そうな方だから、大丈夫かな。

 

あとは、またやってきた「半年ごとの仕事の目標設定」、「夫の一周忌の手配」、「認定薬剤師の勉強の申し込み」などなど。

 

 

頑張ってみたり、気晴らしを大事にしてみたり、ごろごろ・だらだらしてみたり。

でも、なかなか気は晴れないし、難しい。

やっぱり辛く・苦しくなって、本当に楽になっていくのかな?って思っちゃう。

夫の不調が始まったころから考えると、2年以上、辛いままなんですけど・・・?

 

もうしょうがないって、上手に諦められたらって、心の底から思います。

夫が亡くなったことだけでなく、色々なことを。

「夫と直接話せた最後の日」から一年

去年の1月31日、夫は検査のため入院していた急性期病院から、療養型の病院に転院しました。

その時が、夫に直接会って、話ができた最後でした。

転院後は、一か月はリモート面会すらできなかったし、3月にリモート面会できたと喜んでいたら、コロナ院内感染・・・次に4月に直接会えた時は、もう、話せなくなっていました。

 

自己満足と分かっていたけど、転院の時、マンションに寄ってもらい、わんこにちょっとだけ会わせることができました。わんこは三か月半ぶりの夫との再会に大喜び。

移動の間は、夫は疲れていて、話はほとんどできなかったな・・・。

認知症もあって、何処まで理解していたかも分からないし・・・。

ずっと夫の手を握ってた。

 

転院先に着いて、病棟に上がる前、「背中をさすって」と言って、さすってもらいました。

「自分じゃ背中はさすれないからね」というと、

                夫は、「そうだね」と応えてくれました。

 

手続きや説明前に、「ご本人はお疲れのようですから」と車椅子で病棟に上がっていきました。それが実質的な別れだったのに、夫は疲れていたようで、名残惜しむ風もなく、されるがままに連れていかれました。

 

             見送る時、寂しかったな。

            夫の後ろ姿が、切なかったな。

 

 

病院側のコロナ対策で、直接会う機会はなかなかないかもな・・・と分かってはいたけど、会えない間に病状が進めば、会っても私のこと分からなくなっていくんだろうな、と思ってはいたけど、あれが最後だったんだね。

辛さの中にも明るさも

ブログには辛いことばかり吐き出しているけど、日々の中にはほっとすること、嬉しいことも沢山あるし、周りや天への感謝の念がわくこともしばしば。

 

先日は、新婚の同僚さんが結婚式の準備の件でパートナーへの不満を言っていて、「うんうん、それは腹立ちますね~」と旦那への不満あるある話が出来て、何だかほっこり。私も、「夫のことがあってからずっとポンコツで・・・」と初めて職場で自分の死別の辛さを話せました。

 

昨日は、わんこ仲間が来てくれたし、

わんこの病院への移動中、「今日はわんこの病院だよね」と励ましラインを送ってくれたわんこ仲間も。こういう心遣いが身に染みる。

 

姉は、わんこを遠くの病院に連れていくと知らせたら、車を出そうかと言ってくれたし。うん、こうして助けてくれる人がいるのは心強い。

 

今日は、何とか安定剤のお世話にならずに済みそうで、「自分、よくやってるよ。」と労ってみたり。

 

 

そうは言っても、しんどい。

「あの頃は辛かったけど」って、過去話にできる日が来るのかな・・・。

今は、夫の療養中から今まで、ずっと辛くて、「あの頃」だから。

「一つずつ」 でも、辛い

今日は一人の日。

夕方、わんこ仲間と一緒にお散歩に行けることになりました。

それを励みに何とか仕事をしようと思ったけど、なかなか・・・安定剤のお世話にならないぎりぎりライン。

 

義兄の成年後見人さんに、夫の一周忌日程の相談メールをやっと書きました。

義兄に付き添ってもらえないと、義兄が来れないので、先にご都合確認です。

年が明けたら・・・と思っていたのに、月末になってしまいました。

しょうがないよね。辛いんだもの。

一周忌、やりたくない。辛いから。

自分の気持ちの整理のためにも、儀式をやった方がいいんだろうな、とは思ってる。

 

これから、新規在宅の方の書類仕事。

今週はお届け予定が多いし、書類仕事をする時間はおそらくないから、家でやる。しょうがない。

 

 

辛くなると、ネットで、他の人はどうやってこの辛い時期をやり過ごしているのかな~って検索したりしています。

みんな、辛さに耐えながら、気分転換しながら、諦めたり、何とかしのいでいらっしゃる。

 

この辛さは、今だけで、時間と共に形も強さも違っていくのだろうけど・・・やっぱり、辛いんだよ。

よく、「亡くなった相手にこの辛さを味合わせなくて良かった」という言葉を見かけるけど・・・どうかな・・・夫は友達もいなかったし、周りに助けを求めるタイプじゃないから、余計辛かったかな・・・。

 

こうして何とか生きているだけでも、十分やってるよ、自分。

「思い出させるもの」が辛い

今日はわんこの歯医者。

電車で30分の郊外の病院でした。

・・・・病院の最寄り駅に着いてから、すぐに辛くなりました。

どうしてかって、夫が最初に入院した病院があった町に似ていたから。

車必須の場所なんだね、という広い車道・人の少ない歩道、広い駐車場付きが当たり前の店や病院など・・・マンション以外は、低階層が多くて、空が広い。

 

今日は快晴で、日差しも暖かく、わんこもご機嫌に匂いを嗅ぎながら歩いていたし、受診はスムーズで、院長先生も丁寧に説明してくれたし、納得して手術の予約。

往復の移動中、わんこ連れでも嫌な目に遭わなかったし、わんこも静かにしていい子でした。

 

でも、落ち込みました。月命日なのもあるのかな。

 

どうなっていくのか不安を抱えながら、それでも夫の回復を願いつつ、洗濯物や差し入れを持って、駅から10分ちょっとの病院まで週2回くらいかな・・・往復しました。

辛かったな。孤立無援な感じ。実際には、周りの支えが沢山あって、それにも当時から気づいていたし、感謝もしていたし、頼りにもしてきたけど・・・でも、最終決断は自分でやって、結果は自分で引き受けなきゃいけないから。やっぱり辛かった。

 

今日はご主人を亡くしているわんこ仲間にお願いして、お茶に来てもらいました。

いつも支えていただいています。時間が解決してくれるけど、特に最初の1年は辛いから、いつでも連絡頂戴、と言ってくださり、心が温まりました。経験者には甘えることができます。

今日は、この方も「丁度台車を借りたいと思っていたの」というわけで、荷物運びをお手伝いできて、良かったです。

 

何とか生き延びていきたいとも思うけど、わんこがいなかったら、無理だったかな・・・とも思う。

わんこ歯の手術予約

今日はかかりつけ紹介で、遠くの動物病院に行ってきました。

バスで15分の駅から、電車で30分、駅から歩いて10分弱。

わんこはバスと電車、頑張ってくれたし、予約だったので殆ど待たされずに済みました。

 

3月5日、手術。

やっぱり放置すると、細菌感染を起こしやすいみたいで・・・膿むと痛いし、できれば歯は温存してあげたいから、手術を受けることにしました。

目視でははっきり分からないので、全身麻酔後に歯のレントゲンを撮って、治療内容が決まるそうで、現時点での可能性を2パターン説明されました。

 

費用は10~16万くらい。

予想の範囲内だけど、ペット保険に加入できて、手術代、いくらか出るといいな・・・。

 

次の問題は、手術後の帰りをどうするか・・・。

電車で連れて帰るのか? 

電車とタクシーかな。

同僚さんのおめでた

社員薬剤師さんがおめでただそうです。うん、めでたい。

こればかりは本当に「授かりもの」ですから。

 

 

 

来月から社員からパートになるそうです。当然、いずれは(夏頃?)産休に入るし、その前に、同僚さん担当の在宅約25人はどうなるのか・・・。

来週、在宅お届け予定9件10か所、回収&再配達1件・・・出勤日4日だから、毎日3件。

更に、増える可能性も・・・

 

 

さすがに人出を増やしてくれるだろうけど、状況が落ち着くまでは、また忙しくなるのかぁ・・・と思いつつ、おめでたの同僚さんには心から「おめでとう」と思っている自分を発見して、ちょっとほっとしています。

まだ、思いやりは残っているらしい(笑)

 

ちなみに、今月に入り、在宅報告書は多少かけていますが、薬歴は止まったままで、4か月書いていません。違法です。いいのか? いや、良くないよ。