シンプルライフへの遠い道

心穏やかな暮らしを目指して奮闘中

死別後のスピリチュアルと宗教の勧誘

死別で弱っているせいか、スピリチュアルや宗教の勧誘がきます。

他の死別者の方も、ブログに書いてたな~。メンタル弱ってるからね。

 

「ごはんでも」と誘われて行ったら、「この後集まりがあるんだけど、どう?」とか。

冊子を渡されて、教義の説明があったりとか。断るとそれ以上のしつこさはないけど、どうしてそこまで「自分の思う”正しい”」を他人に断言して勧められるのか分からない。

 

スピリチュアルの話をやたらする人もいます。

ヒプノセラピーを受けて、心の奥底の問題を手放したら、もっと人生拓けていくーとか。宇宙からのメッセージを受けとるとか、何とか。

宇宙人がいっぱいいるとか、9.11のテロは嘘で(飛行機が突っ込む場面は作られた画像で、あの被害は陰謀だとか)、直接スピリチュアルとは関係ないんだろうけど、何だか荒唐無稽な話を延々されたり。

 

自分に有効だったこと、自分が信じていることを、目の前の相手(私)にも当てはまり、私も自分と同じように救われると確信できるのか、不思議。

分からん。

 

宗教勧誘の人は、仏教の一派のようで、死別の辛さもお題目を唱え続ければ軽くなっていくと言う。

以前なら、関係を切ったでしょうけど、

「私はこの人の主張を聞いて、どう思うんだろう。じゃあ、私は何を信じているんだろう」

と問うきっかけをもらっていると捉えてみると、

「日本の既存宗教の中では、今の私には禅宗が一番しっくりくるんだな~」とか、

「絶対幸福」とか「布教」にこだわる団体には関わりたくないんだな、とか分かって、まぁ、己を知るきっかけという意味では、一つのご縁と言えるのかも。

祈り方とか、教えへの距離感とか、指図されたくない。

 

スピリチュアルなセラピーは、「私には必要ないんだ」って気づけました。

私は未だにアダルトチルドレンで、色々と問題を抱えているけど、親との関係はおおむね整理できていることに気付きました。

現時点では、これで、よし。

数回のセラピーで問題が氷解すると言われたけど、10年以上試行錯誤を繰り返してやっとここまで来たあの道のりを、数回のセラピーで何とか出来るわけないでしょ、という反発心が最初。

脳のネットワークをそう簡単に変更できるとは思えなくて。

今はうつ病なども脳への電気刺激などで改善できるらしいから、本当のところは分かりませんが。信じていないセラピーを受けても、上手く乗れずに効果も出ないよな~。

 

私も根拠なく信じていることが沢山あるけど、「自分はこう思っている」と言うことはあっても、「あなたもこう考えるといいよ」とは言わない(ようにしているつもり)

自分では、選択権はあくまでも相手にあるというスタンスで、「紹介」したことが、相手にとっては押しつけになっていたこともあるだろうから、何とも言えないけど・・・。

目覚めは改善傾向?

ここ10日くらい、ちらほら目覚めのいい日があります。

睡眠薬は変わらず飲んでいます。

明け方以降に2~3回目が覚めるのも同じ。

ただ、「そろそろ起きるかな~」とベッドでうつらうつらして、徐々に覚醒していく感じがスムーズで、「今日は割と気分よく目が覚めたな」という日が出てきました。

嬉しい。

 

3年前のGW明けに、夫が仕事を辞めたいと言い出してから、こういう目覚めの日があっただろうか・・・?

中途覚醒早朝覚醒が定番化してから、起きる前の反覚醒状態の時は凄い不安感に襲われて、「助けて~」って叫んでいた日々もあったし、

「夫の上司に退職じゃなくて休職にして欲しいと連絡しよう」とか、

「店長に、職場復帰させてもらえないかメールしよう」とか、

大きな決断が降りてきたときもありました。寝ている間に、脳内で何かが起きているのは確かだと思います。

ダメージが大きすぎて、目覚めが悪い日ばかりだったのかな。

 

少し、落ち着いたのかな。

そうだといいな。

これが増えていくといいな。

夏の養生

先日は33度まで上がり、30度くらいになる日が多くなりました。

梅雨を越して夏です。

まだ朝晩は暑くはないのが救いです。

今朝は雨で湿度が高く、ぐったりしています。

今日は紫陽花を見に行こうと誘っていただきましたが、片道1時間半くらいかかる遠方のためお断りしました。でも、断っておいて良かった・・・。

夏の間は無理は禁物です。

夕食の宅配弁当も、3週間続けて休んだり、そろそろ卒業でもいいかな・・・と思う時もありますが、夏はばてるうえに、わんこの朝散歩のために、他の季節より最低30分、できれば1時間早起き&休みの日も朝寝は出来ない暮しになるので、継続です。

職場でのランチは、コンビニおにぎりと、持参のプチトマトと野菜料理(炒め物とか煮物とか)にしていますが、料理持参は難しくなるかな・・・。

 

高湿度にやられる体質は子どもの時から。

東洋医学的には「水毒」と言うそうで、規則正しい生活などの基本に加え、

・体を冷やさない

・体を動かして巡りを良くする(水分を体外に出す)

・胃腸に負担をかけない(腹八分、砂糖を避ける:砂糖は水分を集めるらしい)

・アルコールもよろしくない(水分代謝を乱す)

このあたりが大事らしいのですが‥‥特に食に関しては実行できていません。

甘いものばかり食べています。

いかんなぁ。

固定資産税上がってた

固定資産税のお知らせが来ました。

年額で800円上がっていました。

うん、わずかかもしれないよ?

でも、800円稼ぐために、何分働かなくちゃいけないのかを考えると、嬉しくはない。

家を買っておいてよかった

2年前に中古マンションを買いました。買っておいてよかった。

 

当時は今よりさらにメンタルがやばかったので、わんこ仲間と離れたくなかったけれど、近くのペット可物件の賃料は高いし、ワンルームでも賃料は当時の私の月収より多いし、借りられたとしても大家さんの都合で出ていかなければいけなくなる場合もあるし…で、思い切って中古マンションを買いました。

あの時決断しておいて良かった。

 

あの後も、じりじり値上がりしているのはなんとなく知っていましたが…2割くらい上がっています。さすがに( ̄□ ̄;)!!

 

以前住んでいたマンション、物件を探していたころにもリフォーム済みの部屋が売りに出て、見に行ったことがあって、値段も記憶にありました。

先日、ふと不動産屋の張り紙を見ると、また売り物件が出ていました。

2年前の物件とは色々と条件は違うけど、25%ほど高くて、びっくり。

リフォームも資材のグレードで値段が全く違ってくるけど、それにしても。

 

気になって今住んでいるマンションを調べると、うちよりは上層階ではあるけど、2割増し。

2年分築年数は古くなっていても、上がってる。

東京の新築マンションの平均売り出し価格が一億超えたとかニュースで言っていたけど、その影響もあるのかな。

素人だから、分かりませんが。

 

「次の賃貸契約更新まで1年半くらいあるから、ゆっくり探そう」なんてやってたら、予算的にも、思い切るエネルギー的にも、厳しくなっていただろうな。

値上がりしても、今の住まいを売るわけじゃないから、私の懐事情には全く関係ないし、今後価格が暴落しても、「あの時は、わんこと安心して暮らせることが一番大事だった」と納得できると確信して買ったのだけど、

 

         あの時、買っておいてよかった

 

                       と、つくづく思います。

 

たまたま今のマンションの売り物件がたくさん出ていたり、売主さんが急に値下げしたり、タイミングも良かったです。

夫の見守りもあったのかな。

膀胱炎

トイレの時違和感があって、膀胱炎かな~? ってことで、急遽病院へ。

歩いていける近くの病院に行ったら、2時間以上かかりました。

 

膀胱炎でした。記憶にある限り、初めてでした。

 

 

眠気と疲労感半端ないけど、やっぱり疲れているんだな~。

今日も待合室で寝ていました。本当は横になりたかったけど、周りに迷惑なので我慢。

 

 

今朝会ったわんこ仲間に、「膀胱炎かもしれないので、病院に行こうと思って」と言ったら、利尿効果のあるお茶をくださいました。

ありがたや。

 

周りの助けはありがたいです。

命日疲れ?

夫の命日が過ぎて2~3週間経ってから、やっと不安感などは減ったな~とほっとしていますが・・・とにかく、疲れが湧いてしょうがない。

休みの日は、9時間くらい寝て、わんこの散歩に行ったら、また午前中2時間くらい寝る状態です。猛暑の時期は、暑さにやられてこういう日も多いですが、今はまだそこまで暑くもないのにな。

疲労がどんどん出てくる感じ。

これまでは、疲れはあるけどそれよりメンタルがやばいからと基本お誘いは断らずにきました。でも、今月誘われた紫陽花のお花見は、「無理かも」 近くならいいけど、片道1時間半くらいかかります。

 

昨日は、弾き語りのコンサートに行ってきました。生歌・生演奏にエネルギーをもらって、いい気持ちでした。

お出かけで疲れたので、9時すぎに寝たのに、「わんこが待っている・・・」とベッドから何とか這い出たのは7時過ぎ。わんこの散歩中もぐったりで、帰宅後すぐに寝ました。起きたら2時間経っていた・・・。

 

命日疲れなのかな。

そう言えば、母親が祖父(母親にとっての父)を亡くして数か月後の夏。体調を崩して、一か月以上最低限の家事をする以外は横になっていたことがありました。食欲もあまりなかった気が・・・。新盆の法事に行った時、途中で観光地に寄ったけど、母は車で休みながら待っていました。

あの時、あまり労わってあげてなかったな・・反省

 

死別についての本でも、エネルギーが枯渇して、動けなくなる時期があるとあったけど、今の私がそうなのか・・・分からないけど、そうなのかも。

 

 

夫が亡くなった後、一つずつ手続きや懸案事項を片づけてきました。

4月に納骨・三回忌。

また一つほっとして、力抜けたのかな。

命日はさんで二か月くらいはずっと不安感が強くてしんどかったから、その疲れもあるんだと思う。

 

理由はなんであれ、とにかくしんどいから、休むべし。